FC2ブログ
スウェーデン式ドッグマッサージLENTO(大阪)のブログ | TOP > ARCHIVE > 2012年09月01日
2012.09.01 (土)

今日は指定動物看護士セミナー

動物看護士継続教育セミナーが毎年、3回ほどあるのですが、
今年の1回目は、気が付くと終わっていて、
(うっかりしてました)
今日、2回目のセミナーに行ってきました。

内容は、問診の取り方と身体検査
講師は、山口大学共同獣医学部 奥田 優教授でした。

私は、動物病院に勤めていませんから、
一見、関係が無いように思いますが、

今日、講義を聞いて、
行ってよかったと思える講義でした。

その中で、
奥田教授からのメッセージの中に

違和感を感じたら、立ち止まって考えると
いうのがありました。

これは、動物看護士が、問診や身体検査をするときへの
メッセージですが、

私にもあてはまると思えました。

マッサージをしていると、
あれっと、違和感を最初感じることがあります。
その時は、立ち止まって考えます。

その違和感は、
左右の筋肉の張りが違っていることだったり
何かほかのわんちゃんとは触った感じが違っていることだったり、

また、
定期的に受けていただいているわんちゃんでしたら、
この間とは違うという違和感だったりします。

ですから、
最初に感じる違和感をすごく大事に考えています。

感じたら、違和感が何かを考えて
マッサージを行っていっています。

この違和感は、
おうちのおとうさん、おかあさんにも
あてはまると思います。

たとえば、
散歩に行っているとき、
歩いている姿を見て、何か違和感を感じたら、
わんちゃんとじっと観察してあげてください。
そうすることで、
わんちゃんの異常にきっと早く気が付いて
あげることができると思います。

また、体をなでているときに、
何か違和感を感じることがあるかもしれません。
その時は、もう一度体をゆっくり触ってあげてください。
もしかすると病気の早期発見になるかもしれません。

何か?という違和感、
それを見過ごさず、じっくりその違和感を考えてみる
言葉を話すことができない、
わんちゃんの異変に早く気づいてあげる為に、
本当に大事な事だと思います。

次の動物看護士のセミナーは、「猫の行動学」
猫のマッサージは行っていないので、
これは、パスする予定です。

大阪のスウェーデン式ドッグマッサージLENTO
こちらのホームページもご覧くださいね














スポンサーサイト