FC2ブログ
スウェーデン式ドッグマッサージLENTO(大阪)のブログ | TOP > ARCHIVE > 2011年04月14日
2011.04.14 (木)

蓮の歩き方が変?

少し前から気づいていたのですが、
蓮は腰を左右に振って歩くときがあります。
又、後ろ脚を散歩の途中で、かみかみすることもあります。
何かおかしい。

かかりつけの獣医さんに見てもらったのですが、
問題は無いとの診断。

でも、やっぱり気になってしょうがなかったので、
他の病院で、もう一度診ていただきました。

触診と歩き方をみて、
レントゲンを股関節、後ろ脚、腰椎と3枚とっていただきました。

結果、問題なしとの診断でした。
腰を振って歩くのはくせのようなものとのこと。


DSC00246-小 
獣医さんに行くときにキャリーバックを出すと、
自分で入って出てこない蓮

その時、獣医さんの言葉で気になったことがありました。
「股関節はもう少し年齢がいってから問題がでることが多いから」

と、いうことは、今ははっきりした悪い診断は出ていないけど、
将来悪くなる可能性がある?

私としては、悪くならないようにしたい。

今まで、うちにいたわんこたちは、股関節や膝蓋骨の病気になったことが
ありませんでした。
だから、股関節形成不全や膝蓋骨脱臼という病気のことも
はっきりしらず、
スウェーデン式ドッグマッサージの勉強をして、病気のことをいろいろ知り、
又、トリマーさんのところでいろんなわんちゃんと会って、
そういう疾患を持った子が多いことを知りました。

病気のことを勉強していなかったら、
蓮の歩き方も多分そんなに気にしなかったと 思います。

もしかしたら、本当におかしくなってから気がつき、
慌てていたかもしれません。

蓮の前脚の筋肉は張っていました。
ひどい状態ではなかったので、
私はマッサージしながら、張っているのでは?と思いながらも
思い過ごしかな?とも考えていました。

自分のとこのわんこがおかしいとは、
思いたくない気持ちがやっぱりあります。
自分のとこの子はやはり冷静には見れないです。

でも、トリマーさんも、
蓮くんはおかしい歩き方をすることがあるよと言ってもらって、
又、1dayレッスンのとき、マッサージの先生にもみてもらって、
やはり、前足がはっている、うしろ脚にも疼痛が少しあるといわれて

やっぱり、おかしい、自分でも認めることができました。
獣医さんでは今は病気ではないとの診断ですが、

将来、悪くなる可能性があることをきちんと認識して
悪くならないように、病院にかからないように予防していこうと。

飛びつきはさせない。
 (蓮は家にきたときから、飛びついたらもらえない
というのを徹底したので、ほしいときは、お座りを自分でします。)

フローリングですべらせない。
(滑り止めワックスを塗っていますが、
効き目がすぐなくなるので、蓮がよく遊ぶところは、
ラグをひいてます)

無理な運動をさせない
(負担をかけすぎない)

マッサージで筋肉の状態をこまめにチェックする
(筋肉の張りに気ををつけて、
ひどい張りやこりにならないように マッサージをする 。
マッサージによって、筋肉や腱を柔軟にしておく)

蓮はまだ1歳になっていません。
これからまだまだ先は長いです。
少しでも、健康で、病気にならないように、
気をつけてあげて、楽しく暮らしていきたいです。

健康維持に有効な
スウェーデン式ドッグマッサージに
興味を持っていただけたら、
スウェーデン式ドッグマッサージ LENTOまで

















スポンサーサイト